設備・機器紹介

院内の様子

  • 外観

  • 入口

  • 受付

  • 待合室

  • 待合室

  • 中待合

  • 特別待合スペース

  • 問診スペース

機器紹介

●OCT

OCTとは、眼科領域の新しい検査で、目の奥の網膜の様子を断層的に見ることができます。 主に網膜の断層像を撮るのに使われ、最近では機器の飛躍的な進歩により、緑内障診療には欠かせない検査です。

●ハンフリー視野計

ハンフリー視野計は、見える範囲(視野)や欠落部の有無、範囲を調べます。顔と目線を固定して一点を見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、ボタンで知らせます。緑内障診断や進行状態を把握するのに必須の検査機器です。

●ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計は、見えている範囲と感度を検査する視野計です。ゴールドマン視野計での検査結果は疾病の診断の他、身体障害者の視覚障害による等級判定にも用いられます。

●オートレフケラトメーター

近視・遠視・乱視・乱視角度を瞬時に測定します。測定結果を元にメガネやコンタクトレンズを処方します。

●角膜形状解析装置

角膜のカーブの状態や形状・乱視の有無に異常がないか等を検査します。

●ヘスチャート

眼球を動かす筋肉の動きや、両眼のバランスが分かります。

●スペキュラー(角膜内皮細胞分析)

角膜内皮細胞の数を調べる検査です。角膜内皮細胞は、他の細胞と異なり再生されません。そのため年齢とともに少しずつ減少します。また、目の外傷や手術、角膜の酸素不足などにより角膜内皮細胞が減ってしまうことがあります。

●視力表

眼科検査に欠かせない視力検査を行う装置です。

●FDT

緑内障のスクリーニング検査として用いられます。視野検査を効率よく、スピーディーに行うことができます。

診察状況をご確認頂けます。

  • コンタクトレンズ処方 各種メーカー取り扱い
  • 関連クリニックのご紹介
  • 八潮駅前眼科
  • 越谷駅前眼科
  • 新三郷駅から徒歩約2分
  • 駐車場完備

〒341-0011 埼玉県三郷市采女1-238-5

お問い合わせはこちら tel:048-950-1146

pagetop