目の病気

  • 緑内障
  • 白内障
  • アレルギー性結膜炎
  • ものもらい
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症
  • 飛蚊症
  • 遠視・近視
  • 斜視
  • 弱視
  • ドライアイ

緑内障

緑内障には色々なタイプがありますが、全てに共通なのが視神経が障害されて視野が狭くなっていくことです。目の形状は「房水」という眼球の内側で水晶体や角膜に栄養を与えるために流れている液体の圧力によって保たれていて、これを「眼圧」といいます。眼圧が上昇すると圧力で視神経がダメージを受けます。視神経はとても繊細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。残念ながら傷ついた視神経は元には戻りません。視神経が障害されると視野が狭くなります。

緑内障は知らないうちに進行していることが多く、視野も少しずつ狭くなっていくため、かなり進行しないと自覚症状が現れません。いったん悪くなった視力や視野を元通りに戻す治療方法がありません。薬物や手術で眼圧を適正な値に保ち、進行速度を遅らせることが治療の基本です。当院では、最新の検査機器で網膜の状態を解析し、緑内障等の視神経障害を目で見える形でご説明いたします。

白内障

白内障とは水晶体が濁ってくる病気のことです。水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低 下します。白内障の種類は様々ですが、加齢性白内障が最も多い症例です。加齢性白内障は一種の老化現象で、髪の毛が白髪になるのと同じです。人によって、濁っていく早さや濁る度合いも違います。視力低下の度合いなども人によって違いますが、年をとれば誰もが起こる可能性のある現象です。

白内障の進行の程度や、生活の不自由さ等に合わせて、治療方針を決めます。軽度の白内障、若年者の方の白内障は、病気の進行を遅らせる点眼薬を使用していただく場合が多いです。進行した白内障に関しては、手術加療が必要となります。

アレルギー性結膜炎

アレルギーとは、外から入ってくる異物に対して、体が過剰に反応することで起こります。結膜は直接空気と接しているので、様々な異物が飛び込んできます。眼のアレルギーを起こす原因物質としては、「ハウスダスト」といわれるダニやカビ、動物の毛やフケ、花粉などが代表的です。点眼薬での治療が必要になります。抗アレルギー点眼薬のみで症状がおさまらないときは、ステロイド点眼薬を併用する場合があります。

ものもらい

ものもらいとは、正確には「麦粒種」という、まぶたに存在する脂腺における急性化膿性炎症のことです。初期症状では、吹出物(にきび)が出来たような感覚に類似しています。「まぶたが腫れてる気がする」と感じたら、できるだけ触らないように気をつけてまぶたを清潔に保ち、症状が重くなってしまう前にご相談ください。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。黄斑が変化すると、モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。加齢黄斑変性は、糖尿病網膜症、緑内障とともに、失明を引き起こす病気として注意が必要です。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで、糖尿病の三大合併症といわれます。定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、実際には日本の中途失明原因の代表的な病気です。糖 尿病網膜症は、完全に治すことのできない病気です。治療は、症状の悪化を防ぐために行われます。自覚症状が出てからでは治療の範囲が限られてしまいますので、糖尿病の診断を受けた方は、自覚症状がなくても、眼科を受診して目の健康状態を定期的に調べる必要があります。

飛蚊症

白い部屋や、明るい場所で、目の前を横切って動くような、黒い影が見えることがあります。形は、糸くず状であったり、虫のような形であったり、目を動かす方向についてくるような動きをします。とくに明るい場所ではっきりと見え、暗い所では気にならなくなります。一旦気付くと気になって仕方がないという方もいらっしゃいます。生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあるため、鑑別を行います。

遠視・近視

遠視や近視は、ものがぼやけて見えます。その為、そのままでは仕事や学業に影響が出てしまいます。特に小さい子どもの場合は、自分が遠視になっているのがわからないことがあり、普段か斜視などの症状にが出ていないか大人が注意する必要があります。現代人はテレビやパソコン、ゲームなど、目に大変負担のかかる環境となっていますので、普段から、適度に目を休ませ、照明や読書の姿勢に気をつけるなどして、目の健康に十分な注意を払いましょう。

斜視

斜視は眼が違う方向を向いている状態になることがあります。これは両眼の視線を合わせようとする機能に問題があることが原因で、外見上の問題と共に、両眼視が損なわれるために生じるさまざまな感覚障害を伴うことがあります。遠視の影響の可能性がある場合もあり、特に小児では弱視などにも注意が必要です。早期発見のためには、「どちらの目が」「いつから」「どういう時にどうなってしまうのか」など大人の目線からの観察が必要です。斜視発生時の診察の際には、写真などをお持ちください。

●斜視の治療について

眼球を動かす筋肉の位置を手術でつけかえたり、遠視矯正の眼鏡による治療を行います。必要に応じて両眼視獲得のためのプリズム眼鏡による治療を行う場合もあります。

弱視

小児の視力は生後から3歳までに急速に発達し、8歳から9歳で大人と同じレベルに達します。この視力の発達する期間(生後すぐから8~9歳)に何らかの原因により「ものをはっきりと見る」ことが妨げられると視力が発達しなくなってしまいます。つまり眼鏡やコンタクトレンズを装用しても視力がでません。これを「弱視」といいます。たとえば「裸眼視力で0.1だけど、眼鏡やコンタクトレンンズを装用すれば1.0になる」のは弱視とはいいません。弱視の治療で大切なことは早期発見、早期治療です。視力の発達する期間を過ぎて治療を始めても治療の効果がほとんどでてきません。理想的には3歳までに、遅くとも4歳までに発見したいところです。弱視の原因には屈折異常(主に遠視や乱視)、斜視、先天白内障、角膜混濁などがあります。

●弱視の治療

弱視の治療は、まずは屈折異常の矯正です。調節麻痺薬を点眼して、精密な屈折検査をおこないます。その結果をもとに眼鏡を作成し常に眼鏡を装用する必要があります。眼鏡を装用しピントをあわせて物がくっきりと見えるようにして視力を発達させます(弱視の原因により治療がことなる場合もあります)。
片眼の弱視で眼鏡のみでは視力が十分に発達しない場合には良いほうの目にアイパッチ(健眼遮蔽)をして弱視眼を積極的に使い視力を発達させます。アイパッチをする時間は年齢、視力の左右差の程度により変えていきます。
治療は長期間かかることも多くあり、長期にわたる通院が必要となります。長期にわたる治療はお子さんだけでなく、保護者のかたも気持ちがくじけそうになることがあります。
ほんのささいなことでもぜひ医師や視能訓練士にお話しください。お子さん、保護者、医師、視能訓練士でお互いに相談しながら治療をすすめていきましょう。

ドライアイ

日本には1000万人のドライアイ患者がいるといわれています。現代社会では、パソコンのモニターを見つめている時間が多くなり、目を酷使している状態です。ところが、ほとんどの人は軽い目の疲れと考え眼科医に受診しませんが、ドライアイが原因となり、深刻な目の病気を招くこともあります。異物感やまぶしさ、目の痛みを感じたらドライアイを疑い、気軽に眼科医に相談することをお勧めします。パソコン作業時には定期的な休息で目を休めて、目を酷使しないよう注意しましょう。

予約はこちらから

診察状況をご確認頂けます。

  • コンタクトレンズ処方 各種メーカー取り扱い
  • 関連クリニックのご紹介
  • 八潮駅前眼科
  • 越谷駅前眼科
  • 新三郷駅から徒歩約2分
  • 駐車場完備

〒341-0011 埼玉県三郷市采女1-238-5

お問い合わせはこちら tel:048-950-1146

pagetop